骨が不足しているのでインプラント治療は不可能と診断された方も是非ご相談ください

江戸川区瑞江の歯科。瑞江駅すぐの坂梨歯科クリニック

  • 小
  • 中
  • 大
042-521-5306

江戸川区瑞江の歯科。瑞江駅すぐの坂梨歯科クリニック

HOME > インプラント > 骨の無いインプラント治療

骨の無いインプラント治療

顎の骨が少ないときには、骨を増やしてインプラントを埋め込むために適した状態に改善することが可能です。顎の骨の状態に合わせてさまざまな治療方法がありますので、過去に骨が不足しているのでインプラント治療は不可能と診断された方も是非ご相談ください。代表的な治療方法をご紹介します。

GBR

骨の幅や高さが不足しているために、インプラントをいれるスペースが足りない場合に、人工骨や自家骨またはコラーゲン膜を入れて骨を再生させる方法です。インプラントを埋入する前に行う場合とインプラント埋入と同時に行う場合があります。

スプリットクレスト

骨の幅や高さが不足しているために、インプラントをいれるスペースが足りない場合に、人工骨や自家骨またはコラーゲン膜を入れて骨を再生させる方法です。インプラントを埋入する前に行う場合とインプラント埋入と同時に行う場合があります。

サイナフリフトとソケットリフト

上顎の臼歯部の歯槽骨の上には上顎洞と呼ばれる大きな空洞があります。

上顎の臼歯部の歯を失うと歯槽骨がやせて吸収し、この空洞が広がってきてインプラントを埋め込むための骨の高さが不足しているケースがよく見受けられます。

サイナスリフトは骨の高さが5mm以下の場合に、歯茎の横の部分から上顎洞を直視下にて持ち上げて自家骨または人工骨を移植してインプラントを入れる高さを確保する方法です。インプラントの埋入前に行う場合とインプラント埋入と同時に行う場合があります。

ソケットリフトは骨の高さが5mm以上8mm以下の場合に歯茎の上の部分からオステオトームとよばれる特殊な器具を使用して自家骨または人工骨を少しづつ押し入れて上顎洞を持ち上げインプラントを同時に埋入する方法です。

TOPに戻る

江戸川区瑞江の坂梨歯科クリニック

(インプラント・審美歯科・入れ歯・矯正歯科・一般歯科)
東京都江戸川区瑞江2-2-3
第2ストークビル4F
TEL:03-3670-4821


Copyright(C) 2010 Sakanashi Dental Clinic. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】