インプラントや入れ歯、ブリッジの違いを説明します

江戸川区瑞江の歯科。瑞江駅すぐの坂梨歯科クリニック

  • 小
  • 中
  • 大
042-521-5306

江戸川区瑞江の歯科。瑞江駅すぐの坂梨歯科クリニック

HOME > インプラント > 入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯・ブリッジとの違い

インプラントは健康な歯を使用しないことで今ある歯を保て、自分の歯の時と同じような感覚で食べられる!

歯の抜けた状態をそのまま放置すると、対合する歯が浮いてきて弱くなったり、隣の歯が倒れてきて歯垢がたまりやすく、むし歯ができやすい環境を作ってしまいます。また、噛む機能が著しく低下し、審美および発音障害を起こすこともあります。 歯を失ってしまった場合には人工の歯を装着するインプラント、義歯、ブリッジの3種類の治療法があります。

ブリッジの場合

両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。
  • 噛む際に、削られた歯に負担がかかり、傷みやすい。
  • 歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため次第にやせてしまう。
インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します。
  • 健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てる。
  • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てる。

部分入れ歯の場合

両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。
  • 金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる。
  • 常に違和感がある。
  • 金属のバネが見えて、見栄えが良くない。
  • 金属のバネの間に食べ物がつまりやすく、丁寧に掃除をしないと、虫歯や口臭の原因となる。
人工の歯を両隣のインプラントで支えることもできます。
  • 健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てる。
  • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てる。

総入れ歯の場合

人工の歯(入れ歯)を歯茎全体にかぶせます。
  • 入れ歯がぐらついたり、ずれたりする。
  • 硬いものが噛めない。
  • 入れ歯が舌を塞いで、味がわからない。
  • 食べ物が入れ歯と歯茎に間に挟まり、痛む。
  • あごがやせてしまったために、年老いて見える。
複数のインプラントを埋め込み、
人工の歯を固定します。
  • インプラントはあごの骨に固定されるため、ぐらつかない。
  • 天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる。
  • 食べ物が狭まることはほとんどない。
  • 天然の歯と同様の外観を保つため、年老いてみえることはない。

TOPに戻る

江戸川区瑞江の坂梨歯科クリニック

(インプラント・審美歯科・入れ歯・矯正歯科・一般歯科)
東京都江戸川区瑞江2-2-3
第2ストークビル4F
TEL:03-3670-4821


Copyright(C) 2010 Sakanashi Dental Clinic. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】