入れ歯

入れ歯にお悩みのある方は一度お気軽にご相談ください。

入れ歯

お使いの入れ歯の調整・修理も。お口に合わなかった原因を調べ、古い入れ歯を直すことで問題を解決

当院では、歯を失ってしまった時の治療方法としてインプラント治療だけに限らず、入れ歯の治療にも積極的に取り組んでいます。歯がない生活は食生活に影響がでるばかりではなく、老化を進行させてしまいます。しっかりと噛むことによって、血液の流れがよくなり、十分な酸素と栄養が供給されるため脳が活性化し、老化や認知症の予防にもつながります。

入れ歯には様々な種類があります。
健康保険の範囲内で製作できる部分入れ歯の場合、バネのついたプラスチック製の義歯、また総入れ歯の場合には、プラスチック製の義歯と決められていますが、安価にできるメリットがあります。保険の範囲の義歯だから噛めないとか、不適合ということではありません。自由診療の場合には、バネを使用しない審美義歯や温度を感じやすい金属床義歯、また内側が軟らかく痛みがでにくいシリコン義歯など、治療方法や使用材料に制限がないため、より精密で快適な義歯の製作することができるという特徴があります。

入れ歯の治療方法は1つではありません。患者さんのお口の状態によって、耐久性、機能性、審美性、アレルギー、再発防止を十分に考慮したいくつかの治療方法をご提示させていただき、十分に納得されてから治療を開始させていただきます。

入れ歯治療の流れ

① カウンセリング

現在お使いになっている入れ歯の不具合の状況や新しい義歯に対するご希望をお伺いします。

② 治療計画・費用について

口腔内の診察、レントゲン撮影をさせていただき入れ歯診断を行い、治療方法と費用についてご説明いたします。

③ 入れ歯作製の前処理

虫歯や歯周病の治療または止むを得ず抜歯が必要な場合には、それらを優先して行います。総入れ歯の場合でも歯ぐきの状態が悪ければ、調整後に型どりを行います。 

④ 印象採得

お口の状態を正確に記録するための型どりを行います。 

⑤ 咬合採得

型どりを基にお口の中の状態を石膏で再現し、ここに入れ歯の基になるワックスの土台を作製します。これを用いて咬み合わせの高さや歯並びを決定します。

⑥ 人工歯配列

ワックスの土台に人工の歯を並べた状態でかみ合わせの高さなど、機能面のチェックと歯ならびなど審美面のチェックを行います。

⑦ 完 成

型取りから完成まで最低1ヶ月半程度の期間を要します。

⑧ 調 整

お痛みがある部位やかみ合わせの調整などを数回にわたって行います。また、治療完了後も快適にご使用いただくために定期的なメンテナンスをお勧めしております。

入れ歯の種類

部分入れ歯

金属のバネがないフレキシブル(エステ義歯)がお勧めです。軽くて薄いので、違和感も少なく審美性に優れています。また、磁石で入れ歯を維持するマグネット義歯も審美性に優れ、バネ式と比較して残っている歯に負担をかけません。

総入れ歯(金属床義歯)

薄くて熱をよく通すので冷たいものは冷たく温かいものは温かく味覚を感じやすく、丈夫な金属をベースにした義歯金属にはコバルトクロム、チタン、金などがあります。

総入れ歯(コンフォート義歯)

歯肉に接する内側の部分が、軟らかいシリコン素材でできていますので、 歯肉に傷ができにくく、しっかり噛むことが可能です。

日常の入れ歯のお手入れについて

取り外しの入れ歯もお掃除が必要です。お食事のあとは義歯専用のブラシを使用し表側裏側の両面掃除します。特に歯ぐきや歯と接触している面のお掃除が重要です。また1週間に1回は入れ歯洗浄剤を使用して、除菌洗浄していただくと歯茎の炎症などを起こしにくいです。

© 2018 SAKANASHI DENTAL CLINIC.